ルール(ruhru)フライパンは重いのか? 重さと値段とサイズ選び

ルールフライパン重さと値段とサイズ選び キッチン用品
スポンサーリンク

ルールフライパンは作りが重厚で重いフライパンです。その点も踏まえてルールフライパンのサイズ選び方を紹介します。

スポンサーリンク

ルールフライパンのサイズの種類

ルールフライパンのサイズ
ルールフライパンのサイズ

ルール(ruhru)フライパンは、20cm、24cm、28cmがあります。

使い方は自由ですが、目安としては

  • 20cm  → 1人用・朝食用・お弁当作り用
  • 24cm  → 2人用・お肉だけ・魚だけ用
  • 28cm  → 4人~・炒めもの用

さらにそれぞれ浅型と深型があります

  • 浅型 → 高さ5.3cm
  • 深型 → 高さ7.5cm

深型は、お鍋としても使える深さで、カレーや鍋料理などにも使えます。

公式サイトを見る → 高級フライパンのお店 ruhru(ルール)

サイズごとの重さ、容量、値段 比較

直火/IH兼用 ルールフライパンのサイズによる違い

重さ容量値段
20cm/浅720g0.8L11,800円
20cm/深830g1.7L12,800円
24cm/浅1090g1.6L12,800円
24cm/深1370g2.3L14,800円
28cm/浅1490g2.0L15,800円
28cm/深1600g3.6L17,800円
ルールフライパンサイズごとの比較表

よく見ると、28cmの浅型よりも24cmの深型の方が容量としては大きいです。深型なら汁気の多いものを作る時などには便利。28cmの深型は、中華鍋の変わりにもなります。

ルールフライパンは重いのか?

ルールフライパンはその特徴として側面と鍋底に厚みがあり、重いフライパンです。重さは調理だけでなく、お手入れする時にも関係があることなので、重要ポイントですよね。

私、恥ずかしながら本当にチカラがないひょろひょろ人間です(笑)。

2リットルのお茶が入ったやかんを片手でプルプル震わせながら注いでますが、そんな私が、24cmの「直火/IH兼用」を持ってみたところ、片手で持ちあげるのはなんとか。

ただし、餃子やオムライスのようにフライパンをひっくり返しておかずを皿にのせるのは、無理です。

ただし、使い方によって重さを感じずに使うことができますし、持ち手の形状により重さのわりには持ちやすくなっています。

ルールフライパンの持ち手
ルールフライパンの持ち手

上で紹介したサイズ比較表は、「直火/IH兼用」フライパンになりますが、「直火専用」フライパンだと、「直火/IH兼用」と比較すると200g以上軽量化しています。

自宅がガス調理のみの方には「直火専用」フライパンがおすすめです。

ルールフライパンが重いのはデメリット? 他にもデメリットが知りたい方はこちら→ルールフライパンのメリット・デメリット

私が購入したルール(ruhru)フライパンのサイズ

ルールフライパン24cm 浅型

私がルールフライパンを購入したサイズは24cm浅型。購入した当時、まだ子どもが小さかったため、そんなにたっぷりのおかずも作らず、24cmで充分でした。

24cmといっても重厚感のあるルールフライパン。持つと重みがあります。炒めものは、28cmのフライパンで作りますが、ルールの28cmで炒めものを作るのはちょっと重そうだなあと。

当時は、また深型のフライパンというものを使ったことがなくて、何の疑問もなく浅型を選んでしまいました。今思えば深型でもよかったかな?

といっても、厚みのあるお肉や魚などが上手に焼ける24cmは結構重宝していますよ。

ルール(ruhru)フライパン よく売れているサイズ

ルールフライパンのお店の人に、どのサイズが人気ですか? と聞いたところ、28cmの深型だということです。えっ・・・24cmじゃないの?

高級フライパンなので、2つ買うのはハードルが高い。

大は小を兼ねるで、28cm深型の大きなフライパンで餃子などをたっぷり焼いておられる人が多いようです。たしかに、子どもが高校生になり、家族4人分を作るとなると28cmはよく使いますね。

それを聞いてから28cm深型が欲しくてたまりません。深型は、縁からも熱で包み込んでさらに料理がおいしく作れるそうです。

次、28cmのフライパンが寿命を迎えたらルールフライパンに買い換えようかな。

重さ、収納スペースなどを考慮して選んでくださいね。

購入はこちらから → 高級フライパンのお店 ruhru(ルール)

コメント

タイトルとURLをコピーしました